七星科学開発センターは、映像、音声、制御、接点それぞれの信号システムを光ファイバを使った光通信機器で構築します。

FAQよくある質問
Home  >  FAQ  >  回答
answer弊社製品において、伝送距離は製品の許容損失と光ファイバ損失量により決まります。本書及び仕様書記載の伝送距離は以下のような方法で計算しております。
 <例>
 伝送距離計算
 許容損失=-8dBm-(―33dBm)=25dB
光ファイバ損失を0.5dB/kmとすると
25dB÷0.5dB=50km
最大伝送距離(目安)として50kmとなります。
 
  • ※中継アダプタやコネクタ等、光ファイバ以外の損失及びマージン計算式は含まれておりません。
  • ※実際に使用する光ファイバ損失により最大伝送距離は異なります。
  • ※マルチモードファイバ・シングルモードファイバ兼用機のマルチモードファイバ(GI50/125)の最大伝送距離は許容損失に関わらず最大3kmとなります。
PAGE TOP