会社案内のビデオがご覧いただけます。右のアイコンをクリックしてください。
映像をご覧になるには、「Windows Media Player」が必要です。※お持ちでない方は、下のアイコンよりダウンロードして下さい。

七星科学開発センターは、弊社コネクタ部門、ダイカスト部門とは別事業となり、問い合わせ・営業窓口が異なりますのでご了承下さい。詳しくは、開発センター営業までお問合せ下さい。

経営理念
株式会社七星科学研究所は、1943年(昭和18年)の設立以来、研究心を絶やさず、創造性を持って【一歩先の技術】【一歩高い品質】【一歩早く迅速なサービス】に取り組んできました。非常に高い品質と安全性を要求される電力用コネクタなどで培った実績とノウハウをもとに、光通信機器の総合メーカーとして七星科学開発センター事業部が発足されました。私たちは、光通信機器を設計・製造・販売することで、信頼性の高いシステムづくりのお手伝いをしたいと考えています。

そのための製品開発の方針として
◯環境:常に環境にやさしい製品づくりを目指します
◯信頼:国産ならではの安心と信頼をご提供します
◯サービス:常にお客様の立場に立ったサービスをご提供します
◯技術:常に時代に合わせた技術開発を目指します


会社名
株式会社七星科学研究所

英文名
Nanaboshi Electric MFG.Co.,Ltd.

住所
〒164-0002 東京都中野区上高田1-49-15

設立
昭和18年9月20日

代表者
取締役社長 鈴木 芳久

事業内容
産業向け各種コネクタ、光通信機器等の製造販売及びダイカスト鋳造
事業所
事業所名
株式会社七星科学研究所 開発センター
センター長 大島 文彦

住所
〒350-1306 埼玉県狭山市富士見1-15-38 小沢ビル2階
TEL.04-2950-0123 / FAX.04-2950-0122

事業内容
光通信機器を主とする制御機器の開発・製造・販売
各種光ファイバケーブルの加工・販売
光通信機器のカスタマイズ・特注品製作

沿革
      
1927年
東京中野に七星科学研究所創立。

1943年
株式会社七星科学研究所設立。

1969年
埼玉県狭山市にコネクタ量産のため、狭山工場を新設。

1972年
狭山工場内に総合開発研究所を新設。

1993年
コネクタ・ダイカスト以外の新分野に進出するため、基礎研究を開始。
開発センターの始まり。

1997年
FPGA, PLDの研究を開始。新規事業部を目指し、プロジェクトを開始。

1999年
独自に弱電通信機器・制御機器の営業、販売を行う部門として開発センター設立。

2000年
自社製品として「オプティカルコンバータ」ブランドを立ち上げる。
映像用光通信機器 VPシリーズの販売を開始。
制御用光通信機器 DPシリーズの販売を開始。
ISO14001を取得。

2003年
映像用光通信機器 VP-003SCが西海記念賞を受賞。

2006年
複合多重光通信機器 WPシリーズの販売を開始。

2011年
フルハイビジョン用光通信機器 VP-1001Cシリーズの販売を開始。

2012年
事業拡大のため、狭山市富士見へ移転


Copyright 2013 nanaboshi Ltd development center.All Right Reserved.